ある日、突然始まる回避依存症の男性の怒鳴りや暴言。

 

最初は何が起きたか理解できずに、これでもかと言わんばかりに責めたてられて、酷くショックを受けてしまい、落ち込むことも少なくないでしょう。

 

でもね、彼の言う事を真に受けとめたらダメ。

 

彼は確かに頭は良いけれど、怒鳴ったり暴言が口から出てくるのは、彼の過去の経験からであって、自分の中の湧き出る悲しみをぶつけているだけー。

 

何が正しくて、何が間違っているかなんて関係なく、次から次へと言葉が出ているだけなのです。

回避依存症の彼氏が怒り出すきっかけ

今まで優しかった彼が急に怒鳴り出し始めた時ー、それにはきっかけがあります。

 

それは、今まで我慢していた事に耐えかねたとかいう事ではなく、あなたが自分から離れないと核心を持った時です。

例えば、肉体関係を結んだ時。

もしくは、彼が浮気をしている時。

 

回避依存症の男性は、確かに計算高く頭が良いので、むやみに彼女が自分から離れていくような事はしません。

 

もう自分から離れないだろう、もう大丈夫だろうという時を見計らって、アメとムチを使い分けるかのように優しさと怖さを見せつけてくるのです。

 

この時の怒りのきっかけは、本当に小さな事なので彼も何で怒り出したのか覚えていない事が多く、頭の中は怒りをどうやって伝えるかということに集中しています。

 

回避依存症の彼の怒りと優しさの狭間でー。

突然怒鳴り出す彼に対して女性は別れようかと思いますが、普段見せる彼の優しさが好きで別れを決断できずに悩み続けます。

そして「お前が悪い」と責められ続けることにより、本当に自分が悪いのではないかと感じるようになります。

 

別れた方がいいのかー。

でも、やっぱり彼が好き。

 

その一方で、彼の方は酷いことを言ってしまったという罪悪感は全くありません。

むしろ、自分の計算通りに事が運んでいることに優越感を感じています。

 

もし付き合っている男性が怒鳴る、責めたてるタイプであるなら、理由はともかく別れたほうが賢明です。

一見、回避依存症に見えても境界性パーソナリティ障害、自己愛性人格障害、ADHD、などの場合もありますし、いくつかの障害・症候群を併せ持っている事もあり、医師でも区別するのが難しいと言われています。

 

素人判断はとても危険です。

 

さらに日頃、どんなに仕事が優秀で、どんなに優しい男性であっても、付き合い続けていくうちに精神が病んでしまいます。

 

一刻も早く彼と別れる決心をしましょう。

回避依存症の彼氏の怒鳴りや暴言の対処法

彼が怒鳴り出したり暴言を吐きだしたときは、言い返してしまわないようにしましょう。

「そんな事ない!」

「なんでそんな事言うの?」

「違う!そんなつもりで言ったんじゃない!」

などなど・・・全ては彼の想定範囲内なので、全て答えが用意されているので勝ち目はありません。

 

言い返すという事は、彼にチャンスを与えてしまっているという事。

 

これが夫婦関係であれば、対処法を習得する必要がありますが、

付き合っている段階なら別れる事ができるので、できるだけ彼の言葉をスルーするように心がけるようにすれば十分でしょう。

後は、一少しでも早く別れる方向に持って行きましょう。