人は誰もが何かに依存していますが、自分の中の不安を消すためにお酒・ギャンブル・仕事などに執着して離れることができない場合があります。

 

これが依存症で、金銭面・生活面に悪影響を及ぼしながらも、本人は正当な理由をつけてそれを続けようとします。

 

彼氏がギャンブル依存症の場合、彼女という立場から治すことができるのかー?と聞かれれば、答えはNo。

 

彼氏の依存症が克服できるどころか、共依存に陥ってしまう可能性の方が高いです。

私がいないと彼がダメになる!?共依存の恐ろしさ

莫大な借金を抱えながらも、ギャンブルを止められないギャンブル依存症。

お酒を飲むと暴れるのにお酒を止められないアルコール依存症。

 

これは、本人が窮地に陥ってやめる覚悟をして、専門の環境に身を置かない限り依存症を克服するのはとても難しいです。

 

彼氏・彼女の関係であるなら、一刻も早く彼と離れるべきです。

 

でも「私がいなくなったら、彼がダメになる」って、離れられない女性が多いのも事実。

 

これは、すでに共依存に陥っている可能性があります。

 

そもそもが、男性が極度の依存症(アダルトチルドレン)の場合、女性側も恋愛依存症などアダルトチルドレンである可能性が高いです。

そうなると、ダメな彼の傍にいる事に自分の価値を見出してしまっているので離れることができないのです。

 

例えば、彼がお金に困っていて「お金を貸して」と言えば貸してしまう。

お金を貸す=彼に必要とされている

この状態に、無意識のうちに自分の中の不安が消えて居心地の良さを感じてしまっているのです。

 

でも、意識的な部分ではその状態が苦しくストレスになり、それが積み重なると鬱や摂食障害などの精神的病を発症することも少なくありません。

 

そして、本当の恐ろしさは、彼に必要とされるために表面では反対していても、意識していない部分で助長させているケースが多くあります。

 

・ギャンブル依存症の彼にお金を貸す

・アルコール依存症の彼と、今日は特別な日だからといって一緒にお酒を飲む

 

これは間違いなく依存症を助長させているパターンであり、共依存の関係が続くとお互いの症状は進行してしまいます。

 

依存症は連鎖する

今、開始依存症の彼氏と向き合えば、依存症は彼だけー、もしくは彼と自分だけの問題のように思えますが、形は違っても依存症は連鎖であることが多いです。

 

これは時代や昔ながらの風習や家系によるもので、現代社会では見えにくいことが多いですが、この場合、結婚して見えて来ることもあります。

そういった家庭に嫁ぐと、間違いなく巻き込まれてしまいます。

 

そして、そこで心配になってくるのが子供への連鎖。

 

彼氏が依存症で自分が依存症であることに気づいたなら、彼と離れてあなた自身が自分の心と向き合うことが未来の幸せに繋がります。

 

依存症の彼との出会いは、あなたが本当の自分に気づくために必要な事だったのですー。