仕事ができて身だしなみもいつも整っていて、付き合う前はとても優しかった彼。

アプローチされていた頃は嬉しくて幸せで仕方なかったけど付き合ってみると回避依存症の傾向が強すぎてー。

 

彼に弱みを見せられて、私が傍にいてあげたいとは思いうけど、回避依存症って克服することができるのでしょうかー。

回避依存症は性格

回避依存症は、いわゆる性格です。

もちろん恋愛依存症も性格であって、病気ではありません。

 

でも、何かしら生きづらいところがあるなら、子供の頃の記憶をたどっていくことで考え方がスッキリして依存症的な部分を軽くすることができます。

 

これがアダルトチルドレンのケアにあたり専門のカウンセラーの存在もありますが・・・

 

まず、回避依存症の男性の性格を依存症と称して矯正することは難しいです。

 

だって、自分は正しいと思っていないと生きていけない性格なのですから・・・。

 

回避依存症の男性は小心者

回避依存症の男性は、ケツの穴ちっちゃいです。

 

仕事ができて態度がデカくて、言う事もデカいので気づきにくいですが、自分を大きく見せていないと不安で不安で仕方がないのが彼らの本性です。

 

結局は、本当の自分の姿を人に見せるのが怖いし、自分で自分の弱さを知るのも怖い。

 

だから自分より立場の弱い相手に対して虚勢を張る事で、自分を強く見せようとするのです。

 

そして、それが正しいのだと信じているのが回避依存症なので、治す・克服するといった事はとても難しいです。

 

落ち込む所まで落ち込んで克服の確率は数パーセント!?

これは回避依存症が進行した自己愛性人格障害の場合ですが、自分が正しいと信じているモラハラ男性でも、例えば妻と子供が自分の元を去っていったときに自分の異常さに気づくことがあります。

 

そして、自ら進んでモラハラ克服のグループセッションなどに参加して克服できる確率は3%なのだとかー。

 

多くは、「もう大丈夫!」「もう克服できた!」と自己判断してしまって途中で止めてしまうケースが多いです。

 

では、回避依存症が治らない彼は孤独な一生を生きるのかー、というと、それは誰にも分からない事。だって、彼には彼の運命があるのですから、それをどうにかする事は誰にもできないのです。

 

それよりも、自分の幸せを考えることが先決です。

 

あなたがあなたの幸せを考える事で、彼が変わっていく可能性だってあるのですからー。