重い女といって別れを告げられた過去のある女性は、恋愛依存症の傾向が高いです。

 

でも、何が重いのか分からないんですよね。

 

だって、そうあるべき事をしただけなのに、何で重いんだろう??って、でも、繰り返し言われてしまう“重い”という言葉ー。

そうしていくうちに、恋に億劫になってしまったり、彼氏ができても不安で仕方なくなったりー。

 

今回は、なぜ恋愛依存症の女性が“重い女”と言われてしまうのか見て行きましょう。

恋愛依存症は「〇〇であるべき」が強すぎて・・

毎日連絡を取り合って、休みの日はずっと一緒にいて、それでも足りないと思う恋愛依存症。

 

1日でも連絡が取れないと、彼に嫌われたとか感じちゃって、やっとの連絡に不安をぶつけてしまうー。

でも、彼氏彼女の関係なのだから、それで当たり前だと思っちゃうんですよね^^

 

一方、彼氏の方は「〇〇しなくてはいけない」が、最初は楽しくても少しずつ負担になり苦痛になってきてしまいます。

 

もちろんその気持ちも分かる。

だから我慢してみるけど、そんなの彼氏彼女の関係じゃないっ!私は愛されていない・・・。

 

って、感じてしまっているから、彼にとって“重い女”と捉えられてしまうのです。

 

自分で自分を愛してあげよう!

自分の存在価値を彼に委ねてしまっているから辛くて悲しいんですよ。

 

自分の存在価値は誰が決めるモノ??

 

存在価値は、彼の愛の大きさで決まるのではなく、自分自身で決めちゃっていいんです。

 

私、すっごくいい女なのよ。

こんな私と付き合えるあなたは幸せ者ね♪

 

なーんて事、冗談でも言えるようになると幸せ度がぐんと増します。笑

 

自分のために生きていい。

自分の幸せのために生きていい。

 

そのために、自分の気持ちに正直に生きていい。

 

彼が浮気したなら、振っちゃえばいい。

自分を悲しませるような事をする男なんて、許しちゃいけない。

 

でも。彼に依存しているとそれができなくて彼を許してしまう。

許された彼は、浮気をしても許してくれる女性としてあなたを扱うようになるー。

 

それじゃ、自分が可哀そうじゃない?

 

人を幸せにはできないけど、自分を幸せにしてあげる責任は自分にある。

 

自分で自分を愛し、自分で自分を幸せにしてあげようよ!

 

幸せになってはイケナイという思い込み

幼少の頃の心の傷が原因で、心のどこかで自分が幸せになってはイケナイと感じています。

 

だから、あえてダメンズを選んでしまう。

 

恋愛依存症って克服すると、今まで大好きだった彼に魅力を感じなくなったり、好きな男性のタイプが変わるのはそのせい。

 

本当に自分を心から愛してくれて、本当に幸せそうにしてくれそうな人に出会うと、逃げてしまう。

 

愛されるのが怖いからー。

幸せになるのが怖いからー。

 

だから、今の少し苦しい状態が一番居心地がいいー。

 

でも、それで本当に自分で自分を愛しているって言えるのかな?

 

もしかして、今の状況から自分を救い出してくれる王子様を心のどこかで待ってない??

 

シンデレラは確かに王子様に出会って幸せになったけど、王子様に会いたいと思ったらガラスの靴をはいてどこかに忘れてこなくちゃいけない。

 

ガラスのように繊細なあなたの心。

 

どこに置きに行きましょうか?

 

でも、ただ一つだけー

 

それを拾った人から、もう逃げてしまわないように、

自分は幸せになっていいんだと心から思えるようにー。

 

今を変えて行く必要があることを知っておきましょう。