恋愛依存症というのは、他人軸を自分軸に戻す事で大きく変わってきます。

 

他人軸は、彼に愛されているから自分は幸せ。

自分軸は、彼を愛している、だから幸せ。

なのです。

 

愛なんて姿形のない不確かなもの。

この世に愛なんて存在しない!という人もいます。

 

その“愛”で自分の存在価値を決めるのはいかがなものでしょう?

 

大切なのは、彼の存在が自分にとって幸せか、幸せでないか、でいいのです。

 

彼が私のことを好きだから私は幸せ?

彼が私のことを好きだから私は幸せ。

彼が私のことを好きでなかったら、私は幸せではない。

 

そんな事を思われていたら、彼の責任は重大ですね~。

 

しかも、少し連絡をしなかっただけで彼女は「愛されていないっ」と怒り狂うので、一時も気を抜くことができません。

 

果たして、それが彼にとって幸せなのでしょうかー。

 

幸せって他にもたくさんあると思いませんか?

 

例えば、好きな香りの入浴剤をいれたお風呂にゆっくり入った時。

お風呂上がりのアイスクリーム。

朝の陽ざし。

青い空に優しい風ー。

 

あなたの心の幸せのコップは、そういった事でも一杯になります。

 

でも、その幸せのコップを彼の愛だけで満たそうと思ったら、彼の幸せのコップが空っぽになってしまいかねません。

 

自分の幸せでコップを一杯にして、溢れ出た幸せを彼に分けてあげる。

 

そうすると、何倍にもなって彼から幸せのお返しが届きます。

 

愛ってそんなもの。

幸せってそんなもの。

 

いつも幸せを感じているあなたの笑顔に、彼は心から愛を感じることでしょう。

 

自分軸にすると無理しない頑張らない自分になる

他人軸で生きていると、人の目を気にするあまりがんじがらめになってしまいます。

 

〇〇をしたら、変な目で見られてしまいそう・・・。

 

べ・つ・に、

変な目で見られてもいいんじゃない?

 

やりたいなら、やっていいよ。

 

それがあなたなのだから。

 

無理して我慢して頑張って、辛い辛いって言ってたって誰も褒めてなんかくれないのに、どうして我慢してるの?

 

無理して我慢して頑張ってるからって愛してくれる人なんていやしない。

 

大切なのは、ありのままの自分を自分で愛する事。

無理しない我慢しない、良い子ではない自分を好きになること。

 

これが私。

こんな私だから、好きなの。

 

そう思えた時、周囲の人の好きがあなたに向きます。

 

世の中ってそんなもの。

変なものなんです、笑。