恋愛の教科書的な事はサラッと流して、少し私の本音を書いていってみようかなと思います。

 

恋愛や結婚なんて、誰もが不器用で、でも本気で行っているもの。

 

中には、回避依存症の傾向が強すぎて、遊び人風になっている人もいるけど、本当は誰かに心から愛されたくて、誰かを心から愛したくて仕方がないー。

 

そんな気がします。

共依存的考え方も長所の一つ

共依存の思考といえば、彼がダメンズであるにも関わらず、つい「何とかしてあげたい!」と彼のダメンズを助長させているー。

そんな思考回路の持ち主の事を言いますが、それって母性本能が強くて優し人である証拠!

 

いわば、長所だと思うんです。

 

でも、ダメンズな彼と別れた方がいいと分かっていても、別れられない。

そんな自分に悩んでしまっているんですよね。

 

別れる事ができないなら、無理して別れなくてもいいんじゃない?

というのが私の本音です。

(※命の危険がある時は別れましょう)

 

ダメンズとの出会いさえも有意義なものに変える思考法

ダメンズは基本無害。

でも、浮気性は問題ありなので「浮気が許せない!」と思うのであれば、証拠をつきつけて即刻別れるべき。

 

そして、付き合うタイプがいつも浮気性だったり、似たようなダメンズだった場合は、一時保留。

 

一時保留したら、あとは自分自身と向き合うといいよ。

 

例えば、自分の幼い頃の心の傷を癒す、自分の男性に対する接し方に問題があるのではないかと疑ってみる。

 

これらが成功すれば、今好きな彼に魅力を感じなくなったり、彼の態度が変わってあなたを一途に愛するようになる。

 

そして、あなたが自分と向き合い成功したら、ダメンズはあなたの好きにすればいい。

 

少し酷い女に見えるけど、世の中そんなもの。

 

そこで「そんな酷い女にはなれない!」なんて頑なになっていると、将来、依存が連鎖して子供のいじめ・登校拒否などに遭遇してしまう。

 

もしくは、自分自身が虐待してしまったりー、ね。

 

ちょっと言葉がキツイかも知れないけど、私は世の中の子どもたちが命を失っていくニュースを見るたびに心が痛み、何とかしたいと思う。

 

だから、こんな口調になっちゃうわけだけど・・・

 

幸せの連鎖って、無理して我慢しているうちは起こらない。

無理して頑張って誰かを愛そうとすればするほど、負の連鎖ばかりが広がっていく。

 

その負の連鎖を止めるために、ダメンズとの出会いがあるんだよ。と、私はあなたに伝えたいー。

 

愛される女性は自由奔放に見えるけど・・・

好きな物は好き、嫌いなものは嫌い、気に入ったものを買うと持ってきて「かわいいでしょ~~」と満面の笑みで話す彼女は愛され彼女。

 

彼女の周りは、いつも優しさで囲まれている。

 

そして、妬みも買っている。

 

でも、彼女はそんな事お構いなしに、いつも幸せそうにしている。

 

何故なら、彼女は自分で自分を幸せにしてあげる事で精一杯だから、妬む人の相手をしている余裕なんてない。

 

そして、自由奔放に見える彼女でも、挨拶をきちんとしたり、誰かを褒めるという作業をきちんとこなしている。

 

反面、妬まれないように嫌味にならないように、と、いつも気を集中させている彼女は、いつも我慢して無理して頑張っているから

 

とてもじゃない、自分を幸せにする余裕なんてどこにもない。

 

そして、自分はしあわせじゃないってイジける・・・。

 

そんなんじゃ誰にも愛されない、面倒臭い。

 

これが自分から恋愛の糸を複雑に絡めてしまうこじれ女子の正体なのです。

 

自分を幸せにする方法を見つけると恋愛・結婚が上手くいく

みんな自分で自分を幸せにすることで手一杯で、誰かを幸せにしようという余裕はございません。

 

自分のことは、自分で幸せにするという覚悟を持つこと。

 

それこそが、男性にとって“癒し”なのです。

 

「私に幸せをちょうだい!」

「もっと、私を愛してよ~~」

と、エネルギーを吸い取られ続けると、「このままでは。俺はミイラになってしまう・・」と、男性は潜在意識的に察知してストレスが溜まるばかり。

 

さ、自分で自分を愛して、残った幸せを彼に分けてあげましょう。

 

愛されるためには、そのくらいの余裕が必要です。