回避依存症と恋愛依存症は全く正反対のように見えますが、根は一緒です。

さらに両方を併せ持っていて、普段は回避依存の傾向が強いのに、恋愛になると恋愛依存症の傾向が強く出てしまう女性も多いです。

普段は回避なのに、恋愛になるといつも彼を追いかけてしまって、彼が逃げてしまう・・・。

 

そんな場合は、彼を追いかけてしまう原因をきちんと突き止めるといいでしょう。

回避依存症 時々 恋愛依存症

回避依存症の女の子であれば、プライドにみなぎっていてファッションコーディネートのセンスが良くて人あたりが良く、みんなが“素敵な人”と言うけど、どこかしら個人的な事が謎めいているー、そんな印象があります。

 

普段は自信満々のように見える回避依存症の女の子でも“好きな人に極めて弱い”女性も多くいます。

 

“好きになるとダメなのよねー”

 

と、この言葉が妙にピタリと当てはまるのが、普段は回避依存症.

そして恋愛になると恋愛依存症の傾向が強くなるタイプです。

 

妙に臆病という思いもよらない一部分が見られると、親しみが湧いて来るものですが、それ以上に生涯の喜びとしては“彼氏に愛されること”は必須なのではないでしょうか。

 

 

好きな人と一緒にいる時の不安はどこから来ている?

恋愛依存症は、前面では“見放される恐れ”を抱えている一方で、潜在意識の部分で“親密になるのが怖い”という感覚を持っています。

回避依存は、前面では“親しくなるのが怖い”という感覚を持っている反面、潜在意識の部分で“見放される恐れ”を持ち合わせています。

そしてどちらも、自分が傷つく怖さと、人を傷つけてしまうのではないかという恐怖心を持っています。

 

そんなわけですから、大好きだからずっと一緒に居たいし、もっとお互いを心からわかり合いたいし、これまで以上に大事にし合いたいのに、今よりもっと好きになるのが恐いー。

といった感情の狭間で苦しんでしまいます。

 

でも、こ苦しみや不安の正体意識下に隠れたままなので、脳はこの苦しみや不安の原因は彼にあると捉えてしまいます。

 

そこで始まるのが妄想

 

もしかしたら、嫌われたのかも知れない

もしかしたら、彼は浮気をしているのかも知れない

もしかしたら・・・・

もしかしたら・・・・

 

もちろん、そこに過去の恋愛を当てはめてしまうことも多いです。

 

前の彼は連絡が取れないと思っていたら浮気をしていた。

今の彼から連絡がないのは、もしかして浮気??

 

そこで、不安や悩みに駆られた女性は湧き出た不安をかき消そうと、彼を責めたてるのですー。

 

あなた、浮気してるでしょっ!!

 

どうしてもっと連絡をくれないの?

どうしてもっと一緒に居てくれないの?

どうして・・・?

どうして・・・?

 

彼は最初はその気持ちに応えようとしますが、どんなに頑張ってもエスカレートする要求に疲れ果ててしまい、やがてくる別れー。

日頃、回避依存症の傾向が強いあなたを知っている人から見ると、全く想像できない光景ではありますが、学歴が高かったり、仕事がデキる女性には多いのかも知れません。

そこで辛い恋を繰り返していくうちに「男なんて・・・」と、独りで生きていく決心をする女性も多いことでしょう。

 

でも、自分の心の傷を知り男性心理を知ることで、人生の大逆転は可能です。

 

期間は3ヶ月。

彼を虜にする講座なら誰にも内緒でできますよ^^