人生で起きる全ての出来事に、無意味なものなんてありません。

それが例え、どんなに辛い恋愛でも、その中に、自分へのメッセージが隠されているのです。

何度も繰り返してしまう辛い恋愛、辛い思いをさせた相手を恨んでしまうこともあるけど、恨んでいる限り、前に進むことが出来ずに、同じ事を繰り返してしまいます。

特に今まで付き合って来た男性が、回避依存症の傾向が強い男性ばかりなら、別れて正解ではありますが、まずは自分の心に抱えている闇に気づき癒してあげることが大切です。

辛い恋愛が始まる前から全て始まっている

なぜ辛い恋愛ばかり繰り返してしまうのかー。

例えば、いつも相手の男性が浮気をする、俺様に豹変する、無視されてしまう。など、恋愛パターンがいつも決まっている場合は、あえてそういった男性を最初から選んでいる可能性があります。

 

ようするに

浮気をしそうなタイプが好み。

モラハラにしそうなタイプが好み。

無視をしそうな男性が好み。

という事になります。

 

でも、まさか自分がそんな見分けもつくはずないし、自分から選ぶなんて・・・と、思ってしまいますが、実は無意識のうちにちゃんと見分けているのです。

幼い頃、「おりこうさんね」「いい子ね」と親から言われるように頑張っていませんでしたか?

お利口さん、良い子でないと、親から愛されないって思っていませんでしたか?

 

たぶん、幼い頃の想いなので忘れていると思いますが・・・(;´∀`)

 

うーん、でもね、本当の愛っていうのは、お利口さんでもいい子でもなくても、愛されるのが本当の愛なんです。

わざと問題のある男性を彼氏に選んで、我慢したり頑張ることで居心地の良さを感じる悲劇のヒロインは、そろそろ卒業しましょう。

それが、あなた自身があなたに向けたメッセージなのです。

 

辛い恋愛を繰り返すのは愛されたいという気持ちが強いから

辛い恋愛をするたびに、もう誰かを好きになるのは終わりにしようー。

そう思いながら、心のどこかで結婚して、夫と子どもと・・・幸せな家庭を作りたい。と感じているものです。

 

心のどこかで「自分は幸せにはなれないんだー。」という思いと「幸せになりたい」と思う自分。

で、どちらが本当の自分の気持ちなのか分からなくなってくるのです。

 

本当の気持ちはね・・・

「幸せになりたい」という気持ちの奥底に「自分だって幸せになれる」「幸せになっていいんだ」という思いがあるんです。

 

でも、今までの経験や思いが邪魔して、どこかで踏みとどまってしまう。

本当は、今、幸せなはずなのに、今の幸せではない部分ばかり選んで考えてしまう。

 

これが思考の癖。

そして、潜在意識が描いた悲劇のヒロイン物語のせい。

幸せって、誰かが運んできてくれるものではなく、自分で自分を幸せにしてあげるもの。

この幸せの自立心を養ってあげて初めて、幸せな恋愛ができるようになるのです。

 

辛い恋愛を繰り返す自分から卒業したいなら・・・3ヶ月みっちり勉強しましょう。

男性心理について、恋愛について、自分が抱えている心の傷について。

 

3か月後には、今と違う世界が見えていますよ♪