嫌いじゃないけど別れてしまう事、ありますよねー。

嫌いになるどころか、好き過ぎて別れてしまう・・・これは、依存の傾向が強い恋愛の特徴で、嫌いで別れたわけじゃないからこそ復縁への思いが強かったりします。

もちろん「嫌いになったわけじゃないけど・・」と振られた時も同じ事。

きちんと原因を理解して対処することで、復縁の可能性はあります。

 

嫌いになったわけじゃないけど・・そう言われて振られた原因

嫌いになったわけじゃないけど・・・と、別れを切り出す男性って、正直、最低だな~と思います。

だって、嫌いになったんならそう言えば?

だって、恋愛対象として見れなくなったんなら、そう言えば?

そう言ってくれないと、モヤモヤしてしまうじゃないか!!と・・・思うわけですよ。

 

もちろん、嫌いになったわけじゃないけど・・・という言葉の裏に隠された真意は本人にしか分かりません。

 

人としては好きだけど、恋愛対象として見れなくなった

嫌いと言って傷つけたくなかった

などなど、そこには男性としての想いがあるわけです。

 

でも、本人でさえ気が付いていない心理がその奥深くにあります。

 

男として、君を幸せにできる自信がなくなってしまったんだー

 

 

これは、恋愛下手の男女によくあるパターンで、愛を伝えるのが下手なら愛を受け取るのも下手なのが原因なんです。

これは男性心理に沿っていうと、男性は女性を喜ばせる事で幸せを感じ、自信を持つ生き物なのです。

 

元彼と一緒に居ても「メールの返事が遅い、LINEをしても反応がない・・・もっと会いたい、もっとあなたの事が知りたい、もっと好きって言って!!」って、いつも仏頂面のあなた。

そんなあなたの表情に、元彼は自信を失くし、愛を失い、別れという結末を招いてしまったのです。

 

嫌いになったわけじゃないけど・・自分から振ってしまった原因

好き過ぎて振ってしまうこともあります。

好きなのに、彼からの愛が感じられなくて、あまりのも寂しすぎて辛すぎて・・・。

 

これはまさに“依存”が原因で、中にはケンカが絶えずに別れてしまう事もあります。

彼は彼なりに愛を示していたのに、思い込みが激しすぎたことで起きてしまいます。

 

妄想女子。

こじれ女子。

と表現すると分かりやすいでしょうか。

 

この場合、己を深~く反省して、自己改革をすることで復縁できる可能性がUPします。

 

間違えても、復縁メールで彼に迫らないように注意しましょう。

 

別れは次の段階へのステップアップの場

嫌いではないけど、別れを招いてしまった原因はどこにあるのでしょうかー?

 

それは、そもそもが“彼なら私を幸せにしてくれるはず”と幸せの責任を彼に押し付けていた事から始まっています。

 

1人の人間の幸せを押し付けられても・・・それは無理な話。

 

幸せって、なるものじゃなくて感じるもの。

 

1日1回のメールじゃ少なすぎると不満を感じるのか

1日1回のメールで幸せいっぱいの気持ちになれるのか

全ては受け取る側の問題。

 

でも、1日1回のメールで幸せいっぱいの気持ちになれよ!!と言っているわけじゃありません。

 

1日1回のメールで、「私は彼に愛されているんだ」と気づく事ができる思考法を学びましょう♪と言っているのです。

そう、時間をかけてゆっくりと

男性心理・恋愛について学んだら良いのです♪

 

本気で復縁したいなら復縁マニュアル・・・結構、本気で紹介しています♪

復縁マニュアル【効果絶大!】

 

今があるからこそ、未来、本当の幸せを手に入れることができる!私はそう思っています。