30代前半の女性は恋愛に対してのハードルが高い。

と言われるのは、40代前半の恋愛バブルの頃にあった恋愛のお手本となるものが少ないから・・・です。

 

例えば、40代女性はトレンディドラマなどのドラマや漫画や小説。これらから恋愛の情報が頭に入り、共感する事で行動に移してきました。

「僕は死にませ~~ん」の101回目のプロポーズや、「か~んち♪」の東京ラブストーリー。男女7人物語に、W浅野出演の恋愛ドラマ。

意識しないでも「恋愛」について知る事ができていた40代女性に比べて、30代前半の女性は恋愛のバイブルが少ないので、どこか違う世界の出来事に感じているのです。

 

30代前半の女性から見ると40代の女性は〇〇

30代前半の女性から見ると40代の女性は動物園・・・なんて、言われても仕方ないかなーと思います。

ごく一般的な恋愛や、結婚離婚を繰り返したり、不倫や服数愛など、恋愛の形に違いはあっても、どれも恋愛。

 

でも、30代前半の女性にとって、恋愛そのものが別世界のおとぎ話のように感じてしい、結果、恋愛に消極的になってしまうのです。

 

これはねー、さっき読んだ記事に書いてあったことなのですが、実はちょっと驚いています。

 

私が40代前半なのですが、クリスマスは恋人同士で過ごすのが当たり前で、恋愛にトラブルはつきもの。

でも、最後には一緒になって幸せになれるー。

というのが当たり前。って、30代前半の女性は思ってないのかな??

 

たぶん、30代前後の女の子でも、恋愛に興味があるかないのかで、かなり差があるとは思う。

でも、全体的に見て肉食系女子が減ったように感じるのは、やっぱり時代の影響なのでしょうね。

 

恋愛が別世界の出来事に見えるなら・・・

恋愛が別世界の出来事に見えるなら、ドラマや映画を観たり、小説を読んだり、恋愛ノウハウの本を読んでみると恋愛に対する考え方が変わってくるのではないでしょうか。

ドラマだと「東京ラブストーリー」や「世界の中心で愛を叫ぶ」「オレンジデイズ」とか「ロングバケーション」の他にもたくさんおすすめの恋愛ドラマがあるし

まっさらな状態で、恋愛講座で女度に磨きをかけるのも恋愛に対する偏見がなくて良いと思います。

 

それを考えると、今、恋愛に対してまっさらな状態がちと羨ましいなと思います。