恋愛に一生懸命な時・・・「疲れた」と感じる事がありますよね。

実際に、恋愛に疲れた事があると感じたことのある女性は59.9%。半数以上の女性が恋愛に疲れたと感じたことがあるそうです。

今回は、どんな時に疲れを感じるのか、また疲れを感じる女性に特長や似たような傾向があるのか、見て行きましょう。

 

恋愛に疲れを感じるのはどんな時?

恋愛は疲れるモノ?ではありませんよね。でも恋愛に疲れる女性は少なくありません。

では、どんな時に「疲れた・・・」と感じるのでしょうか。

 

■自分の気持ちが伝わらない時

・自分の気持ちがなかなか伝わらなくて、喧嘩した後に仲直りができなかった時

・自分の気持ちを理解してもらえない時は、辛いし悲しくなってしまう

 

■相手の気持ちが分からなくなった時

・相手の気持ちが分からなくて、もしかして私のこと好きじゃないのかな?と不安になってしまう

・相手の気持ちが分からなくて、自分の思い通りにならなかった時に疲れたと感じた事がある

 

■喧嘩をした時

・問題が解決しなくて、何度も喧嘩を繰り返したとき

・喧嘩をして悩んでいるうちに面倒臭くなる

 

■相手に合わせないといけない時

・自分が合わせないと相手が不機嫌になってしまう

・自分より相手優先の恋愛の時は、本当に疲れた

 

■仕事で疲れている時

・仕事で疲れている時でも連絡を返さないといけないから

・仕事で疲れている時は、恋愛をする気力すらなくなってしまう

 

 恋愛で疲れてしまう女性の特長

恋愛で疲れてしまう女性の特長として、とても真面目な性格で「恋愛はこうあるべきだ」という思い込みが激しく、相手にも同じもを求める傾向が強いです。

・連絡は頻繁に取り合い、お互いのスケジュールは把握しておくべき

・メールやLINEは即返信するべき

・休日は一緒に過ごすべき

もちろん、それは相手が望んでいないにもかかわらず、そうあるべきと決めつけてしまうので喧嘩の原因になったり、また自分自身が息苦しくなってしまう傾向にあります。

 

また、自分に自信がない女性も

「メールが途中で途絶えた」

「LINEが既読(未読)スルーである」

「2、3日連絡がない」

 

といった些細な事で

 

「もうダメなのかな・・・」

「嫌われたのかな・・・」

 

という妄想に走ってしまい、その不安感から相手を責めたり説得するなどして恋愛をこじらせてしまいます。

 

さらに、ダメンズばかり彼氏に選んでしまうのは、依存の傾向強いせい。

依存者同士は魅かれ合う確率が高く、相手は違ってもいつも同じような悩みを抱えてしまうなどの特長があります。

 

疲れる恋愛の特長

疲れる恋愛とはどんな恋愛なのか、見ていきましょう。

・ケンカが絶えない恋愛

・常に追いかける恋愛

・束縛される恋愛

・不倫

常に、付き合い続けるか別れるかの判断に迫られている状態で、でも別れられない・別れたくないという気持ちが強く、精神的にかなり不安定な日々が続きます。

この状態が長く続くと、食欲不振・不眠などを引き起こし、体と心の両方が参ってしまうこともあります。

 

恋愛に疲れた時の対処法3つ

恋愛に疲れたと感じている時は、何をやっても上手くいかないもの。

まずは、疲れを癒すことから始めましょう。

 

彼のことが好きで、今まで一生懸命頑張って来た自分を認める・褒める

どんなに頑張っても、一向に相手からの愛が感じられない時は「自分がダメ人間なんだ」「私は誰からも愛されないんだ」と思ってしまいがち。

まずは、頑張った自分を認めて褒めてあげましょう。

 

自分を幸せにするのは誰かを明確にする

誰かが私を幸せにしてくれるはずー。

もちろん、その誰かとは白馬に乗った王子様であり、今現在の彼氏・未来の旦那さまのことですが、本来、自分を幸せにできるのは自分自身でしかありません。

まずは見方を変える事。

疲れるほど好きになれる男性に巡り合えた

恋愛に一生懸命になれる今の自分の環境

疲れる恋愛をきっかけに本来の幸せについて学ぶことができる

これらは、何物にも変え難い幸せそのものなのです。

 

「いつだって、どんな時だって、今が一番幸せ」なのです。

 

男性心理を知る

女心と男心は一生理解し合えないもの。

と言われるように、脳の構造上、男女がお互いを理解し合うことはできません。

 

でも、男性心理を知ることによって、男性を理解してお互いの心地の良い距離感を見つける事ができます。

居心地の良さが、疲れない・長続きする恋愛の秘訣です。