モテる女性は、LINEの使い方がとても上手です。男性にもいろんなタイプがいますが、相手が「もっとLINEしてきてよっ♪」と言って来ない限りは控えめにしましょう。

特に、頻繁にLINEをしていないと、不安になったり悲しくなったりしてしまう恋愛依存症の傾向が強い女性は、LINEで恋をダメにしている可能性があります。

 

LINEに対する考え方は男性と女性で違う

LINEは、わたしたち女性にすれば愛を証明するためになくてはならないものですが、男性にとっては単なる連絡手段でしかありません。

これは、いまではいろんな所で述べられている、男女の価値観の違う所です。

LINEは連絡手段であることが前提でも、好きであれば応じる男心 。でも、ここであまりにも楽観的に男性心理を解釈して、返信がないのを気にせずポンポンLINEを送ると、その先にある落とし穴にはまってしまいます。

 

でも、この数日間、返信がないのに、LINE送り続けていませんか?

 

返事がないのにLINEを送り続けるのは、男性にとっては拷問でしかありません。

なぜなら、男性は活字が苦手なのです・・・。

 

しかも、1度に二つ以上のことが処理できない脳の構造になっているので、仕事中や何かのトラブルが起きている時など、気になっていても返信できない事があります。

 

1度送ってみて返信がなければ「そのうち来るだろう」くらいの心の余裕が大切です。

 

久しぶりのLINEに激おこ?

恋愛依存症の傾向の強い女性は、なぜか久しぶりの彼からのLINEに怒っています。

 

しかも・・・

「しばらくLINEがなくて寂しかったぁ。でも、もう大丈夫、LINEくれたから。ありがとう」なんて可愛らしいものではないですよね。

 

「どうしてLINEくれなかったのよ!恋人同士なんだから、もっとLINEやメールをし合うべきなんじゃないのっ!!」と、今までの不安や悲しみをぶつけるかのように超激おこのあなた。

 

そこで彼は後悔するのです

「LINE、するんじゃなかった」

 

はい、ここで彼の恋愛受付窓口閉鎖

あまりにもしつこく迫ると、ブロックまでされてしまいます。

 

でも、納得できずに何度もLINEを送り、ブロックされてもあらゆる手段を使って彼と連絡を取ろうとしてしまうと・・・やがて「重い女」という称号を付けられ別れがやって来てしまいます。

 

 

彼氏のLINEが減って不安になった時の実に簡単な解決方法

付き合い始めは、彼だって頑張ってLINEしちゃいます。

すぐに返信があるなら気にせず送り返していいし、こちらから送っても構いません。

 

でも、しばらくするとほとんどの男性はLINEの回数減ってきます

 

これは二人の関係が安定してきた安心感から、自然にそうなるもの。

 

でも、自分に自信のない依存の傾向が強い女性は、LINEの回数が減る事で「嫌われた」「他に好きな人ができたのかも」と妄想してしまいます。

 

で、妄想状態のまま寂しさや悲しさが募ってしまうと、いつかは爆発してしまいます。

 

そんな時は、「LINEがなくて、嫌われたんじゃないかって不安なんだけど、これって私の勘違い??」といった感じで相手に合わせた内容でお問い合わせをしてみましょう。

彼にも都合があるので、お問い合わせをした後、24時間~48時間は待つこと。

 

そして、お問い合わせの返信が「勘違いだよ。」ときたら「良かった。ありがとう」で済ませましょう。

 

その後、彼が気を使って何度かLINEのやり取りがあれば、それは愛の証。喜んで受け取って下さい。

もし「良かった。ありがとう」でLINEが終了しても、再度彼からLINEが来るまでこちらからは送らないようにします。

再び彼からLINEが来て、会う日がやってきた時は、会えた喜びを彼に伝えましょう。

 

その時の喜びの笑顔が、彼の心を虜にします。

 

間違えても、LINEの回数が減ったことを責めたり、もっとLINEやメールを送るように強要しないように。

 

回数が減って寂しいと軽く伝える程度なら構いませんが、もしかしたら彼は彼女ができた責任感から、仕事を今まで以上に頑張っているのかもしれません。

 

相手に合わせたLINEの回数はどのくらい?

彼からLINEの来る回数に合わせて、同じように送りましょう。

1日1回必ず彼からLINEが来るなら、あえてこちらから送る必要はないし、それで不安になる必要もありません。

 

こちらからLINEやメールを送って、その返信が15分後くらいなら、彼からメールやLINEが来た時の返信は15分後くらいに返す。

半日なら半日。

1日なら1日。

 

内容が連絡事項なら普通に返してOKだけど、通常のLINEやメールで愛情は測れないことを頭の隅においておきましょう。

但し、男性も依存の傾向が強い時はそればかりでもないけど・・・

 

まずは、男心を理解できる女性を目指しましょう。