男性心理や恋愛の勉強をして、魔性の女を演じることも可能だとは思いますが、ここでは天性の魔性の女についてお話していきたいと思います。

天性の魔性の女といっても、やはりいろいろタイプはあると思いますが、根は一緒。

誰かを好きになって一緒になっても、いつかは離れて行ってしまうー、という不安や恐怖が常にあり、“好きになる”という感情を封印してしまった、もしくは“好きになる”という意味を知らないまま大人になってしまった女性のこと。

でも、寂しいから常に男性と関係を持っていないと落ち着かないー。

まさに、生い立ちが影響しているのです。

 

回避依存症の女性はモテやすい

回避依存症の女性はモテる要素が多いので、顔立ちや性格に関係なくモテる女性が多いです。

一つは、男性に狩猟本能があるということ。

 

親しげに話をしても、自分のモノになりそうにない女性を追いかけたくなる、ようするに惹かれてしまうのです。さらに話し方や話すタイミングも、誰に教わったわけでもないのに知っている。

そして、一人の人を心から愛するわけではないけど、いつも心のどこかで男性を求めているので、男性は逆に狩られてしまいます。

決して本心を見せない彼女に、どことなくエキゾチックな雰囲気を感じた瞬間、男性は恋の虜になってしまうのですね。

 

でも、回避性にもやはり軽度~重度まであり、軽度であれば本気で誰かを好きになりたい自分との間で悩むことがありますが、この場合、心の傷(トラウマ)を癒すことで変われる可能性はあります。

 

回避依存症の魔性の女の特長

回避依存症の魔性の女と呼ばれる女性で、過去の酷い裏切りから、一生一人でいると心に固い決心があるなら一人の男性と長く付き合うことはほとんどありません。

次から次へと乗り換え、その目は常時、男性を探しているものです。

人に見られることを常に意識しているので、ファッションセンスは磨かれ、また体型も痩せすぎず太り過ぎず、いわゆるナイスバディと呼ばれる体型を維持し続けます。

 

そして、男性を魅了させては去っていくのですが、そこに未練や罪悪感というものはなく、常に持っているのは孤独感。

そして、その孤独感をかき消すかのうに、次から次へと男性を求め続けます。

 

次から次へと男性に言い寄られる私は魔性の女?

時折、特に恋愛や男性に興味がないのに好意を持たれて、周囲の女性に妬まれて困っている女性もいます。もしかして、天性の魔性の女?と思ってしまいがちですが、困っているなら・・・ニオイが原因のこともあります。

 

ニオイとはいわゆるフェロモンのことですが、遺伝子レベルでの影響があるので、時折親子関係にも影響することがあります。

例えば、年頃の女の子が急に父親に冷たくなるのは、大人の女性になった証拠。遺伝子が近ければ近い程嫌う傾向にあるので仕方のない事なのかも知れません。

フェロモンのピークは20歳前後。

あとは徐々に落ち着いていきますが、やはり個人差があります。

 

ニオイそのものを改善するのは難しいですが、周囲の人たちと関わり合いながら話をすることで、理解してもらえることもあるのではないでしょうか。

魔性の女と言われて困っているー、そう感じる女性のほとんどが内気で、女性同士でも話をするのが苦手で避けている傾向にあります。

こういった時は、会話力を磨くのも有効かも知れません。

本音で話せる人間関係を作るなら人に好かれる会話術がおすすめです。