恋愛中、大好きな彼氏が急に冷たくなって悲しい思いをする事があります。

私たち、もうダメなのかな

嫌われちゃったのかな

と、気分は落ち込むばかり。

 

でも、冷たくなったのには原因があります。

しかも!悲しい原因ばかりではないので、逃げ出さずにしっかりと向き合いましょう。

 

好きになりすぎて冷たくなる彼氏

男心って複雑・・・なんて思っていませんか?

もし男心が複雑に感じるのなら、それは男性心理知らなすぎるせいです。

 

例えば、男性は好きになりすぎて、つい冷たい態度をとってしまう事があります。

 

それは、「好きだから大事にしたい」という思いと「好きだからエッチしたい」という思いの狭間で揺れ動いている時。

 

基本的に男は女性を見る時、エッチすることしか考えていません。

 

でも、好きになって“特別な女性”と認識してしまうと、その気持ちにセーブがかかります。

でも、エッチしたいという気持ちも強まります。

 

その結果「冷たい態度になってしまった」となるのです。

 

男は単純なんです。

 

かまって欲しい!の寂しがり屋彼氏

かまってちゃんは、最近大事にされてないな・・・と感じると、恋愛テクニックの一つとして冷たい態度をとることがあります。

要するに・・・スネちゃったんです。

 

でも、彼がスネるなんて柄でもない・・・と女性が思うような男性でも、スネることがあります。

 

この場合、急に冷たい態度を取られたように感じてしまいますが、少し前から何らかの意思表示があったはず。

少し冷静になって、そんな素振りがなかったかどうか思い返してみましょう。

 

彼女は俺のモノ!要注意タイプの男性

関係が安定してから態度が変わるタイプ。

主に体の関係を結んだ後に冷たくなるのは、このタイプが多いので要注意です。

 

怒鳴り出したり、無視したり、異様に要求が多かったりー、何かをしてもらうよりもしてあげるほうが多くなったり。

 

その場合は、まず、深入りする前に離れましょう。

 

特に、喧嘩の回数が増えた。

さらに喧嘩の後は必ずエッチして仲直りするといったパターンにはまり込むと、彼から離れることができなくなってしまいます。

 

その先に待っているのは、愛のない世界です。

残念ながら、別れを視野に入れた方がいいタイプの男性です。

 

彼氏に愛を求めすぎていないか要チェック!

男性は関係が安定するまで必死になって頑張りますが、関係が安定するといろんな事が面倒になってきます。

例えば、毎日のメールやLINE、毎週末のデート。

 

それが当たり前になっていて、もっと!もっと!!と要求していませんか?

 

これでは彼氏も疲れとストレスで、つい冷たい態度をとってしまっても仕方ないです。

 

 

でも、ここで冷たい態度を取られたからといって、必死になって彼を責めたり彼に尽くしたりするのは逆効果。

まずは、日頃からの彼への接し方見直していく必要があります。

 

彼氏が急に冷たくなって、どうしたらいいか分からないー。

 

そんな時は迷わず恋愛講座を受けてみて下さい。

目からウロコが落ちる驚きの内容がたくさん詰まっています♪