既婚者好きになってはイケナイー。そう思いながらも、いつの間にかどっぷり不倫関係に陥ってしまうことがあります。

ここでは、不倫が良いとか悪いとかではなく、なぜそうなってしまうのか、また、これから先どうしたらいいのか、などを書いていきたいと思います。

 

「好きになる男性は既婚者ばかり」は回避の傾向あり!?

いつも好きになる男性は、本命の彼女がいたり、奥さんがいるー。

今までの恋愛を振り返ってそう感じるのであれば、自分自身の回避の傾向を疑ってみましょう。

 

まず、通常は既婚者を好きになっても幸せにはなれないため、心のブレーキがかかって“それ以上”好きになる事はありません。

でも、好きになっても幸せになれない男性を好きになってしまう心理には“自分は幸せになってはいけない”というものがあります。

逆に言えば、彼女のいない男性、独身の男性を好きになるのが“怖い”のです。

 

そして、例え奥さんがいても、奥さんよりも私を愛してくれていると、奥さんを基準に愛を測ることに安心感を感じます。

 

だから既婚者男性に居心地の良さを感じ、好きになってしまうのですね^^

 

さらに、回避の傾向があるのと、好きになった男性に奥さんがいる事で生じる“我慢”“耐える女”自分の在り方・価値観と一致するので、逆に言えば、独身男性や彼女のいない男性を好きになるのが難しいのです。

 

不倫にどっぷりハマってしまう心理

最初は軽い気持ちで・・・。

もちろん相手が既婚者男性の場合、まずは恋愛は無理だろうと思って女性側からアプローチはかけることは少ないのですが、なぜか相手の既婚男性の方からアプローチをかけてくる。

そんな成り行きから、最初は軽い気持ちで彼と会うようになり、次第に“不倫”“秘密愛”にどっぷりハマっていってしまいます。

 

ハマり始めると、女性側の回避の傾向が“恋愛依存症”“共依存”の傾向に変わってくるので、彼が離婚して自分と一緒になってくれることを望むようになります。

 

しかし、浮気・不倫をする男性のほとんどは、奥さんとの離婚を考えていません。

それは社会的地位を守るため。

 

特に、社内不倫で相手が上司の場合、早めに切り上げる方が傷が深くならずに済みます。

 

不倫をする既婚男性の心理は!?

基本的に男性は、狩猟本能・子孫を多く残す本能があるため、浮気をしても罪悪感はほとんどありません。

それどころか、愛人が数人いたり、1人ダメでもいざ次へ!と次々に手を出すことが多いです。

もし仮に、真面目に愛人を愛しても、その心は「好きになったんだから、仕方ない」なのです。

 

だから男性としては、先に述べたように社会的地位を守るため、離婚して不倫相手を選ぶというケースはとても少ないです。

もしあるとしたら

・奥さんが家事を一切しない、愛情が一切ない

・奥さんとの間に子供がいない、不倫相手が妊娠した

このどちからかの理由がほとんどだと思います。

 

それでも離婚が成立しても、慰謝料などを請求されるので、前途多難な新婚生活が待っているといえます。

 

稀に、いつも若い奥さんでないといけないため、奥さんの年齢がいつも一緒という男性もいますが、このタイプの男性とは、例え結婚しても数年後には捨てられる覚悟が必要になってくる事でしょう。




悩みがあまりにも深すぎて、複雑すぎて・・・どうしたらいいのか分からない時は、親身になって話を聞いてくれる人に相談するのが一番良いです。

というのも、1人で悩んでいると、思考が同じところをグルグル回っているだけなので、答えが出ないまま、心の糸だけがどんどん絡まっていってしまうからです。


相談するなら、親身になって話を聞いてくれる人、そしてあくまでも冷静に、的確にアドバイスをしてくれる人がいいでしょう。






「未来のことばかり気にして生きるよりも、今を生きる方がいい」



それは誰もがそう思う事ではありますが、私は、「未来を変えるために、今を変える」という生き方をしたいと思っています。


そして未来の幸せを掴み取りにいき、望まない未来であれば回避・改善することが必要だとー。


その手助けをしてくれるのが、占い師なのですね^^



■電話占いヴェルニ 新規登録(ポイント付き)はこちら


■彼を虜にする心理を学ぶなら



■恋する女性に大人気!ジャムウソープ